piyomarusoftpiyomarusoft

iWork (Keynote+Pages+Numbers) Scripting book with AppleScript

  • Digital
    3,000 JPY

【AppleScript初級〜上級者け】【図を中心に構成、アプリ操作のすべてを解説】 iWorksアプリケーション(Keynote、Pages、Numbers)は、AppleのOffice Suitesと呼ばれるジャンルのアプリケーション群です。 iWorkは、もともと故Steve Jobsが彼自身のKeynoteスピーチの発表を行うために作らせた、SteveのSteveによるSteveのためのプレゼン用アプリケーション「Keynote」が元になっています。 Keynoteの出来がよかったために、これを元にワープロ・ソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」が作られました。 のちに、iOS版とmacOS版が共通コードで開発されるようになり、機能が大幅に低下した時期はありましたが、バージョン・アップを重ね、ようやくv10以降で見られるようになってきました。 いわゆるOffice Suitesであるため、AppleScriptからさまざまな操作が行えることが期待されるのですが、もともとiWorkアプリケーションは機能軽量版であり、そのうえすべての機能を操作できるわけではありません。 ただし、これらのアプリケーションをAppleScriptで組み合わせて利用することで、より強力な道具をユーザーが作り出すことが可能です。 素朴な機能を持つこれらiWork appsを組み合わせることでより複雑な道具を作り出すことが可能になるのです。 組み合わせなくても、各アプリケーションの機能を呼び出すことで、日常的に行っているささいな作業を効率化できたりもすることでしょう。 ただひとつ言えることは、「iWorks appsには、AppleScriptが欠かせない」ということです。 PDF形式:239ページ(本文)、198ページ(資料編)=計437ページ 掲載ScriptのZipアーカイブ、書籍執筆時に使用したテストデータ(Keynote、Pages、Numbers)のアーカイブを添付

【AppleScript初級〜上級者け】【図を中心に構成、アプリ操作のすべてを解説】 iWorksアプリケーション(Keynote、Pages、Numbers)は、AppleのOffice Suitesと呼ばれるジャンルのアプリケーション群です。 iWorkは、もともと故Steve Jobsが彼自身のKeynoteスピーチの発表を行うために作らせた、SteveのSteveによるSteveのためのプレゼン用アプリケーション「Keynote」が元になっています。 Keynoteの出来がよかったために、これを元にワープロ・ソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」が作られました。 のちに、iOS版とmacOS版が共通コードで開発されるようになり、機能が大幅に低下した時期はありましたが、バージョン・アップを重ね、ようやくv10以降で見られるようになってきました。 いわゆるOffice Suitesであるため、AppleScriptからさまざまな操作が行えることが期待されるのですが、もともとiWorkアプリケーションは機能軽量版であり、そのうえすべての機能を操作できるわけではありません。 ただし、これらのアプリケーションをAppleScriptで組み合わせて利用することで、より強力な道具をユーザーが作り出すことが可能です。 素朴な機能を持つこれらiWork appsを組み合わせることでより複雑な道具を作り出すことが可能になるのです。 組み合わせなくても、各アプリケーションの機能を呼び出すことで、日常的に行っているささいな作業を効率化できたりもすることでしょう。 ただひとつ言えることは、「iWorks appsには、AppleScriptが欠かせない」ということです。 PDF形式:239ページ(本文)、198ページ(資料編)=計437ページ 掲載ScriptのZipアーカイブ、書籍執筆時に使用したテストデータ(Keynote、Pages、Numbers)のアーカイブを添付

目次